高知けいば予想の教科書を発売して分かったこと

久しぶりの更新です.予想システム更新中のため,毎日の予想が出せていませんが元気にやっています.

先日noteにて発売した「高知けいば予想の教科書」

https://note.mu/id_keiba/n/n3125083b9ed6

皆様お手にとっていただけたでしょうか…?と云いつつ,販売数はモチロン把握しているので包み隠さず以下に示します.

総売り上げは17600円です.1冊550円ですから,32部売れたことになります.お買い上げ有難うございます.これくらい売れると,このID地方競馬のサーバー代1年分くらいになります.元は取った…でいいかもしれません.

もし今後似たような教科書的なコンテンツを出そうかな…と考えている方には勇気を与える結果かどうかは人それぞれですが,私はおおむね満足です.以下は期待以上だったことと,期待はずれだったことを書こうかと思います.

1.フォロワーが増えてメッセージが送られてきた

発売と同時に皆さんがたくさん宣伝して下さったおかげで,フォロワーが数十名増えました.これはかつてもあったことなんですが,今回違ったのは何名かの方から好意的なダイレクトメッセージをいただけました.大変励みになります,有難うございます.

2. 最初の週しか売れていない

これは予想の範疇ですが期待はずれではあります.予想ではないのでいつ購入しても役に立つはずです.まあ実際数日間は売れ続けたので,宣伝量の問題かとも思います.宣伝量といえばtwitterのインプレッション数は10000くらいのはずなので,1/3000の売上げだと思うと多いのか少ないのか.

もちろん今から買ってもぜんぜん使える内容ですよ.

3. あまり内容に関する問い合わせが無い

お褒めの言葉はいただけましたが,個人的にはこのデータは無いのか,とかこのデータはどういう意味だ,のような問い合わせを期待していました.今後のために非常に有益な情報です.気兼ねなくご連絡くださいね.

結局教科書というコンテンツは成り立つのか

今回この予想の教科書を執筆期間はおよそ3ヶ月程度です.基本的にはブログとして掲載したものをブラッシュアップしたものですから,手間はそれほど大きくはありません.データもこのために集めたのではなく,日ごろから収集しているデータを分析したものであり,分析作業はプログラムをちょちょいと書くだけなので,隙間時間で出来ます.

今回は手間を手間と思う状況ではなかった…のですが,売上げは17600円.果たしてフォロワー1000人程度の有料予想がどれほど売れるか分かりませんから,何とも云いがたいところですが,私の中では,自分が作ったコンテンツがお金になる,という経験は代え難いともいえます.一方で内容には自信があるためもどかしさも感じます.

ともあれこの地方競馬の情報商材界に,小さな石を投げ込めたと思います.ぜひ次に続く人が現れて,同じような葛藤を共有できたら,さらに良質なコンテンツ市場となるのではないでしょうか.

こういうからには書いて欲しい人がいるんですよ…

高知けいば予想の教科書,以下のリンクでまだまだ発売中です.

https://note.mu/id_keiba/n/n3125083b9ed6

Gバジー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする