南関競馬 南関コンピ指数の話 その③

引き続き南関コンピのお話.ぼちぼち本題.

・川崎と浦和の話

 船橋と太井のデータ出したなら,川崎と浦和も出さにゃいかんでしょう.横幅制限もあるので,コンピ10位までのデータを表にしたものが以下.

 

表 川崎競馬におけるコンピ指数順位と勝率,連対率および複勝率の関係

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

勝率

34.7%

18.0%

13.0%

9.1%

8.4%

5.5%

3.9%

2.8%

2.1%

1.7%

連対

53.5%

36.3%

28.1%

20.8%

17.9%

13.5%

10.3%

7.3%

5.0%

4.2%

複勝

65.7%

52.5%

41.6%

33.8%

27.9%

23.7%

17.6%

13.3%

9.4%

8.1%

頭数

1820

1820

1819

1820

1819

1816

1802

1778

1721

1620


表 浦和競馬におけるコンピ指数順位と勝率,連対率および複勝率の関係

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

勝率

37.1%

20.2%

12.3%

9.0%

7.2%

5.3%

3.4%

2.5%

2.0%

0.7%

連対

57.9%

39.5%

28.6%

21.3%

16.4%

12.9%

8.8%

6.8%

4.3%

2.3%

複勝

72.1%

54.1%

43.5%

35.1%

28.7%

23.8%

15.3%

11.8%

8.2%

5.4%

頭数

1374

1374

1374

1374

1374

1367

1357

1338

1291

1198

 

いずれの競馬場においても勝率が逆転するような現象が無いので,そこそこ信頼できる指数といわれるんだろう.ただこのままだと回収率がどうにもならないという問題はもちろんある.

excelの表って文字数食うなあ.続く.