南関競馬 南関コンピ指数の1位のお話(基本編)

・南関コンピ指数1位のお話

をします.

すごく前に南関コンピ指数のお話を書きましたが,一周してもう一度コンピの話をします.




・コンピ指数一位とは

そのレースでもっとも大きな指数の馬のことです.

最大値は90で,最小値は特に決まっていないようですが,大井競馬におけるレースでは65という時がありました.

さてコンピ一位と聞けば馬券に絡みそうですが,当たり前のように数字が大きいほうが強いと思われるでしょう.

「コンピ指数一位がXの時,勝率はY%!」のようなデータは,中央のコンピであれば沢山ありますが,南関ではあまり見かけません.

ですからその数字を初めに出しておきましょう.

大井競馬におけるコンピ指数一位連対率とコンピ指数の関係です.

無題

縦軸が連対率,横軸が指数のグラフです.

右に行く(指数が大きくなる)ほど,連対率が大きくなることが分かるでしょう.

斜めに入っている曲線は,指数近似したもので数式も示しています.

y = 2.5ln(0.037x)となって,誤差を示すR2乗値も0.8弱と,概ね近似出来ていることを示しています.
(このxにコンピ指数を代入すると連対率が求められます)

ともかく,指数が大きくなれば信頼度が上がることは間違いありません.

とはいえこれでは普通の考え方なので,うまみは望めません.

・コンピ指数1位の値で2位以下の強さは測れるか

よくあるコンピの馬券術で,「コンピ1位がXの時はコンピY位を狙え!」というのもあります.

本当に根拠があるのか,グラフにすれば一発で分かります.

赤いマークがコンピ2位,青いマークがコンピ3位の連対率です.

無題

コンピ一位の指数がどうなろうと,てんでバラバラなことが分かるかと思います.

すなわちコンピ1位の値には因らない,ということです.

前述のような狙い方は,たまたま当ったパターンが続いただけでしょう.

次回は別な視点からコンピ1位を狙います…