高知けいば騎手起用メソッド(多頭出し編12)

・川野 勇馬厩舎

騎手起用メソッド多頭出し編,第11回は川野勇馬厩舎です.

 

こちらは本年好調の厩舎.昨年27勝のところ本年は4/19現在ですでに26勝.

 

多頭出しの観点からは,所属頭数の割に敢行という印象.

 

主戦騎手:岡村 卓弥

多頭出し回数: 283

起用数:101

多頭出し時厩舎連対率: 32.7% (33)

うち本人連対率: 72.7 % (24)

 

主戦騎手は岡村騎手としました.割合は少なめですが近年の起用数は増加傾向です.

 

岡村騎手が起用された多頭出しでは本人の連対率が70%を超えています.

 

主戦なしにおける多頭出しでは,連対率が24.7%とやや信頼度は低下します.

サブ騎手1: 妹尾 浩一朗

・主戦起用あり

起用数:11

連対率: 0 % (0)

・主戦起用なし

起用数: 44

連対率: 4.5% (2)

 

サブ一番手は妹尾騎手.ここ2年で起用数が増加しています.

 

いたってサブらしい成績です.主戦とのセットでは苦しい成績です.

 

サブ騎手2: 別府 真衣

・主戦起用あり

起用数: 14

連対率: 14.3 % (2)

・主戦起用なし

起用数: 45

連対率: 28.9 % (13)

 

2016年まではそこそこ起用されていた別府騎手は,2017年の起用数が激減(詳しくは起用法編参照).もはやメイショウナガヨリ分とも言えます.ぜひ巻き返してほしいところです.

 





・まとめ

・厩舎としては多頭出し成功率はそこそこ

・岡村騎手の勝負起用が増加中

・サンプル少なめの勝負起用は永森騎手,逆は下村騎手,松木騎手など.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする