高知競馬 騎手⑤ 「まいーご」 別府真衣 その2 

 別府真衣騎手の記事,その2です.今回は別府騎手と厩舎との関係を調査しました.

 

前回のまとめ

 

1300mより1400mの方を狙う

・良馬場において差し馬によるヒモ荒れを演出

・不良馬場やインコース有利の日は位置取りが重要になり,成績が低下する

 

特に三つ目はかなり意識しないと人気馬も脆いことが多く簡単に馬券圏外へ飛ぶので注意.

 

以下今回の記事,「厩舎との関係」

 

・自厩舎における成績

 集計期間中,別府真司厩舎では15.9-26.7-36.9, 回収率が89.0-69.4と他の騎手の自厩舎での成績と比べるとやや低調.乗鞍は多く,まるっきり捨て試合ではないものの良い馬と悪い馬が交わっている状況.別府厩舎の起用を見ると,西川赤岡畑中>>別府真衣>>>>>>>>>>>西森山頭,ぐらいの信頼度.というわけで自厩舎だから狙える,というのは間違い

 

・他厩舎との関係

 ではどの厩舎なら狙えるのかというと,これといった特徴が出ない.勝率が20%を超えるような厩舎は無く(元が10%くらいだし),川野厩舎での成績が自厩舎と同程度.逆に,細川厩舎,宗石厩舎,田中譲二厩舎,打越厩舎あたりの起用数は多いが成績はかなり低調.代打感あり.

 

・というわけで

 厩舎との関係からは狙い目の判断が難しい.自厩舎と川野厩舎のときは普通に考慮すればよし,雨の不良馬場は避けて,晴れた日の時計がかかり,かつインが良くない日(基本は良くない)に外先行やまくりを狙っていくのがベター.

 

次回は騎手会長,上田将司騎手の記事です.上田騎手はいつ来るのか調査します.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする