高知競馬 騎手④ 赤岡修次 その2

高知の名手,3000勝男,赤岡修次騎手の記事その2です.

今回は赤岡騎手と厩舎の関係を調査しました.


・自厩舎(工藤真司厩舎)における成績

 厩舎の成績はいまいちも,赤岡乗れば27.5-47.1-56.6.ちなみにこれ勝率連対複勝です.ただし回収率で言えば58.6-65.3とかなり低め.対象期間に対して51件であるため,サンプル増加を待ちたい.

 


・狙える厩舎はどこか

①打越厩舎: 35.8-56.9-69.9

 現状一番狙えるのは打越ラインと見る.打越厩舎と言えば「ワンダー」宮川実騎手とのラインがおなじみであるが,同じレースに赤岡が打越ラインで乗っている場合,赤岡のほうが勝率が高い.宮川→赤岡の乗り替りも多いため,宮川のほうに目が行きがちだが要注意.



②田中守厩舎: 32.0-53.5-66.8

 集計間でもっとも騎乗数が多い.割と見慣れている光景.1番人気では46.6-71.7-80.3の好成績.気をつけるべきは4人気以下,勝率が大きく下がる.困ったら赤岡,といった感じで過剰人気になっている可能性あり.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする