テンが速い子を見つけるソフトの話 その④

ここまではwebクエリでラップタイムの部分を取り出して,それをマクロとして記録しました.

次はそのラップタイムの入ったセルを,別なシートにコピーします…が,これはネットで何とか探してもらうとして.
一応簡単なコードを張ると
Worksheets(“sheet2”).Cells(1, 2) = Worksheets(“sheet1”).Cells(1, 2) など.
Worksheets(“sheet1”).Cells(1, 2)をWorksheets(“sheet2”).Cells(1, 2)にコピーですね.

————–
さて,前回記録したマクロを下に張ります.
Sub Macro2()

‘ Macro2 Macro


    With ActiveSheet.QueryTables.Add(Connection:= _
        “URL;http://keiba.rakuten.co.jp/race_performance/list/RACEID/201611182015130501″ _
        , Destination:=Range(“$A$1”))

        .CommandType = 0
        .Name = “201611182015130501_1”
        .FieldNames = True
        .RowNumbers = False
        .FillAdjacentFormulas = False
        .PreserveFormatting = True
        .RefreshOnFileOpen = False
        .BackgroundQuery = True
        .RefreshStyle = xlInsertDeleteCells
        .SavePassword = False
        .SaveData = True
        .AdjustColumnWidth = True
        .RefreshPeriod = 0
        .WebSelectionType = xlSpecifiedTables
        .WebFormatting = xlWebFormattingNone
        .WebTables = “2”
        .WebPreFormattedTextToColumns = True
        .WebConsecutiveDelimitersAsOne = True
        .WebSingleBlockTextImport = False
        .WebDisableDateRecognition = True
        .WebDisableRedirections = True
        .Refresh BackgroundQuery:=False
    End With
End Sub

ここで重要なのが緑色の部分,ここだけ抜き出すと
URL;http://keiba.rakuten.co.jp/race_performance/list/RACEID/201611182015130501
これが取込先のアドレス.ここをちょいちょい変えていくことで,自動でラップタイムを取得できる,というのが今回の考え.
ほかの競争成績を見ていただければ分かるんですが,後ろの数字が変わっていきます.
この数字,20161118(yyyymmdd)2015(トラックコード)13(回)05(日目)01(レース)
となるので,手打ちでも出来るんですが,これを簡単に集められれば一気に自動化に近づきます.というか手打ちならコピペのほうが早い.

続く.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*