南関競馬 南関コンピ指数の話 その① 

南関コンピに関する最新記事はこちら(カテゴリページです)から


以下は少し古い記事です…



突然ですが南関コンピ指数の話をします.


なんかコンピの話をしているブログって胡散臭いよね

別に必勝法を導くわけではないです.


ただ南関コンピを取上げるブログがほとんど無いので,少しでも活発な議論ができたら,そんな感じです.


南関コンピと謳っていますが,中央にも通ずる話です.


※文字数制限でデータはその②からスタート(クリックでその②)

以下前ふり,読まなくても良いよ.


・こんなブログを読んでいる人は知っているでしょうが

 

日刊コンピ指数,どんな印象を持たれるでしょうか.一応の説明は,

 

日刊スポーツが各レースにおける馬の能力を数値化して順位づけしたもの.


満点は90で最低は40.指数が大きいほど,その馬の連対する確率は高くなる.

 

などとあります.


ウソではないけど不十分な説明だと思います.


明らかに指数は絶対値ではないことを考慮しなければいけない.紙面の数字だけバーっと見て何となく買うと,そこそこ当たるけど実にそこそこ.


よくある話では,各専門紙の印から~などとも言われます.こうなってくると,馬柱を見る意味が無いじゃん予想しないじゃん,カンタン派と無粋派に分かれそうですが,いずれの考え方もアレで,少なくともコンピが出るのは前日なので,当日の状態が考慮されてない.

 

・そんなこと当たり前に分かってるわ

 

とつっこみが入りそう,頭の整理をかねてるからゆっくり書かせてね.

当日まで分からないこととは


・体調の急変

・機嫌

・馬場状態


おお無知だからあんまり思いつかない.しかし馬のことは輸送で渋滞に巻き込まれました,とかイレギュラーなことが大きいんじゃないかと考えてます.


それくらいなら馬体分からなくても雰囲気で分かりそう.なのでコンピを使った予想で最も重要なのは馬場読みではなかろうか,という次第.


特に南関毎日開催,刻一刻と変わる馬場,そもそも湿って時計がかかるのは結構ビビる.コンピだけで完結する予想には限界を感じています.

 

・この流れから


コンピの話するのおかしいね,論文だったら間違いなくアウト.


文字数制限.続きはその②



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする