2/12 浦和競馬終盤戦の騎手起用・テン速さ・指数・賞金論からの予想

・浦和9R

起用 テン 指数 賞金
1 タイムオブレディー ▽[-39]
2 ベストオーパス ▽[-37]
3 シグラップリンリン ▽[-33]
4 ビービーアモーレ ▽[-85]
5 サイキョウカグラ ◎[-107]
6 リスペクトサーガ ○[34]
7 マイネルハドソン ◎[-104]
8 ケイティーヒナノ ▽[-49]
9 ビクトリーテン ▽[-9]
10 キロロチャン ▽[-63]
11 ジェームス ▽[-89.5]
【騎手起用】 騎手起用から最も期待されるのは7マイネルハドソンであり,真島大 – 佐々功ラインはここ2年間の連対率が約35.3%である. 【テン早さ】 逃げ馬が多く混戦もテン速さから,8ケイティーヒナノの逃げが予想される. また8ケイティーヒナノはかなりのテン速さを持つ. 【コンピ指数】 コンピ指数からの本命は2ベストオーパス.人気通りの走りを期待したい. 2番手は中穴から5サイキョウカグラ.ある程度のオッズならばこちら. 【昇級までの賞金論】 昇級ギリギリの上げ馬は5サイキョウカグラ,7マイネルハドソン.いずれもここで一発稼いで昇級を目指す. 一方賞金論から単が疑問となるのは,1タイムオブレディー,2ベストオーパス,3シグラップリンリン,4ビービーアモーレ,8ケイティーヒナノ,9ビクトリーテン,10キロロチャン,11ジェームス.買うなら連下までか. 【人気上位の特徴】 人気が予想される2ベストオーパスは今回内枠寄りに入ったが,内枠において良績が残っている.この馬は逃げもしくは番手でも競馬が出来る.馬場の重さに関しては,タフ寄りのほうが良さそう. そこに続く2番人気予想は11ジェームス.今回は外枠寄りに入ったが,実績が乏しく割引が必要か.この馬は逃げもしくは番手でも競馬が出来る.馬場の重さに関しては,タフ寄りのほうが良さそう. 次に続くのは7マイネルハドソンか.このレースは中目の枠へ.枠による大幅な上げ下げはなさそうで.この馬は先行差しタイプであり,柔軟な競馬が出来るタイプ.馬場の重さに関しては,高速寄りのほうが良さそう.

・浦和10R

起用 テン 指数 賞金
1 ウェイト ○[75]
2 ラッキーチャンス ○[65]
3 ファインライナー ○[60]
4 ストロングマネイ ○[85]
5 ジャンプショット ○[93]
6 ヴィアグローリアス ○[86]
7 シゲルドラネコ ○[57.3]
8 イッセイイチダイ ○[42]
9 ハガキノハナ ○[69]
10 スレッジハンマー ○[34]
11 クイーンズトゥルー ○[65]
12 ゴーフォワード ○[75]
【騎手起用】 騎手起用から最も期待されるのは11クイーンズトゥルーであり,森泰斗 – 小久智ラインはここ2年間の連対率が約51%である. 【テン早さ】 目立った逃げ馬はおらず,内枠および騎手から推測を推奨. 【コンピ指数】 コンピ指数からの本命は2ラッキーチャンス.上位は混戦模様. ヒモとしては1ウェイトなど.実力差は小さい. 【昇級までの賞金論】 昇級ギリギリの馬はおらず,賞金論からの上げ馬はなし. 昇級まで遠いものの,勝つと一発で昇級するような賞金論下げ馬はなし. 【人気上位の特徴】 人気が予想される11クイーンズトゥルーは今回外寄りに入ったが,外枠において良績が残っている.この馬は出走回数が少なく脚質の特徴が判断しにくいところ.高速・タフ対応は成績から判断しにくい. そこに続く2番人気予想は2ラッキーチャンス.今回は内枠寄りに入ったが,経験が少なくやや未知数で.この馬は逃げもしくは番手でも競馬が出来る.高速・タフ対応は成績から判断しにくい. 次に続くのは12ゴーフォワードか.このレースは外寄りに入ったが,外枠において良績が残っている.この馬は成績から脚質の特徴が判断しにくいところ.高速・タフ対応は成績から判断しにくい.

・浦和11R

起用 テン 指数 賞金
1 グレートコマンダー ○[235]
2 グランアラミス ○[227]
3 リンクスナナ -[-177]
4 ガーネットノーム ○[57]
5 ミスアンナ -[-189]
6 ブラウンアニマート -[-188]
7 フェンドオフ ○[26]
8 トゥモローウィング ○[369]
9 バルミーゴーラ ○[218]
10 サウスグローリー -[-210.8]
11 ハルク -[-187]
12 オーサムロード ○[58]
【騎手起用】 騎手起用から最も期待されるのは3リンクスナナであり,張田昂 – 渡邊貴ラインはここ2年間の連対率が約47.1%である. 【テン早さ】 逃げ馬が多く混戦もテン速さから,4ガーネットノームの逃げが予想される. 【コンピ指数】 コンピ指数からの本命は9バルミーゴーラ.ほぼ差はなく波乱含みで. 相手には11ハルクら.馬連30倍程度が想定. 【昇級までの賞金論】 昇級ギリギリの馬はおらず,賞金論からの上げ馬はなし. 昇級まで遠いものの,勝つと一発で昇級するような賞金論下げ馬はなし. 【人気上位の特徴】 人気が予想される7フェンドオフは今回中目の枠へ.枠による大幅な上げ下げはなさそうで.この馬は基本逃げの一手であり,スタートをとにかく決めたいところ.高速・タフ対応は成績から判断しにくい. そこに続く2番人気予想は12オーサムロード.今回は外寄りに入ったが,外枠において良績が残っている.この馬は差し競馬が主体も,あまり距離感が離れると良くない.楽な追走が叶えばチャンスか.馬場の重さに関しては,タフ寄りのほうが良さそう. 次に続くのは6ブラウンアニマートか.このレースは中目の枠へ.枠による大幅な上げ下げはなさそうで.この馬は成績から脚質の特徴が判断しにくいところ.高速・タフ対応は成績から判断しにくい.

・浦和12R

起用 テン 指数 賞金
1 インスタイル ▽[-37]
2 プリモガナドール ▽[-25]
3 シンボリダムール ▽[-25]
4 ガウェイン ▽[-26]
5 アルマライル ▽[-3]
6 ゴールドスカル ▽[-32]
7 ゴールドバード ▽[-3]
8 アクティブパワー ▽[-33]
9 レディライク ▽[-25]
10 プリムラジュリアン ▽[-14.5]
11 シャーロック ▽[-29]
【騎手起用】 騎手起用から最も期待されるのは1インスタイルであり,森泰斗 – 平山真ラインはここ2年間の連対率が約36%である. 【テン早さ】 目立った逃げ馬はおらず,内枠および騎手から推測を推奨. 【コンピ指数】 コンピ指数からの本命は10プリムラジュリアン.上位は混戦模様. ヒモとしては5アルマライルなど.実力差は小さい. 【昇級までの賞金論】 昇級ギリギリの馬はおらず,賞金論からの上げ馬はなし. 一方賞金論から単が疑問となるのは,1インスタイル,2プリモガナドール,3シンボリダムール,4ガウェイン,5アルマライル,6ゴールドスカル,7ゴールドバード,8アクティブパワー,9レディライク,10プリムラジュリアン,11シャーロック.買うなら連下までか.
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*