2/12 浦和競馬前半戦の騎手起用・テン速さ・指数・賞金論からの予想

・浦和1R

起用 テン 指数 賞金
1 ファシルマニエ ▽[-39]
2 ホクセツ ▽[-10]
3 トサイチ ▽[-36]
4 シンライヴィヴ ▽[-35]
5 ホクラニ ▽[-23.4]
6 サクラノハナビラ ▽[-37]
7 ブラフマン ▽[-27]
8 サノシスター ▽[-41]
9 ワールドクィン ▽[-24]
10 リワードオランジュ ▽[-33]
11 サバイバルオオオク ▽[-11]
12 ポイズンピル ▽[-10]
【騎手起用】 騎手起用から最も期待されるのは1ファシルマニエであり,左海誠 – 薮口一ラインはここ2年間の連対率が約32%である. 【テン早さ】 目立った逃げ馬はおらず,内枠および騎手から推測を推奨.【コンピ指数】 コンピ指数からの本命は3トサイチ.人気通りの走りを期待したい. 相手には妙味を求めて5ホクラニ.二番手以下の差は小さい. 【昇級までの賞金論】 昇級ギリギリの馬はおらず,賞金論からの上げ馬はなし. 一方賞金論から単が疑問となるのは,1ファシルマニエ,2ホクセツ,3トサイチ,4シンライヴィヴ,5ホクラニ,6サクラノハナビラ,7ブラフマン,8サノシスター,9ワールドクィン,10リワードオランジュ,11サバイバルオオオク,12ポイズンピル.買うなら連下までか. 【人気上位の特徴】 人気が予想される3トサイチは今回内枠寄りに入ったが,経験が少なくやや未知数で.この馬は後方一気が持ち味.馬場と展開を選ぶタイプで人気のときはやや怖い.高速・タフ対応は成績から判断しにくい. そこに続く2番人気予想は7ブラフマン.今回は中目の枠へ.枠による大幅な上げ下げはなさそうで.この馬は成績から脚質の特徴が判断しにくいところ.高速・タフ対応は成績から判断しにくい. 次に続くのは8サノシスターか.このレースは外枠寄りに入ったが,実績が乏しく割引が必要か.この馬は成績から脚質の特徴が判断しにくいところ.高速・タフ対応は成績から判断しにくい.

・浦和2R

起用 テン 指数 賞金
1 カミノモモコ ○[324.2]
2 ポッドタイム ○[318]
3 グローリアスブリス ○[281.4]
4 ナモンブライアン ○[277]
5 ニーケカグラ
6 ホームルーム ○[217]
7 ワンダーバイック ○[250.6]
8 デニール ○[238.2]
9 セラフィーナ ○[244.2]
10 リディア ○[401.8]
11 スカーレットベー ○[221]
12 ジュニア ○[193.8]
【騎手起用】 騎手起用から最も期待されるのは10リディアであり,加藤和 – 小林真ラインはここ2年間の連対率が約41.2%である. 【テン早さ】 目立った逃げ馬はおらず,内枠および騎手から推測を推奨.【コンピ指数】 コンピ指数からの本命は3グローリアスブリス.人気通りの走りを期待したい. 2番手は中穴から4ナモンブライアン.ある程度のオッズならばこちら. 【昇級までの賞金論】 昇級まで遠いものの,勝つと一発で昇級するような賞金論下げ馬はなし. 【人気上位の特徴】 人気が予想される3グローリアスブリスは今回内枠寄りに入ったが,実績が乏しく割引が必要か.この馬は基本逃げの一手であり,内枠からダッシュよく先手を取りたいところ.馬場の重さに関しては,タフ寄りのほうが良さそう. そこに続く2番人気予想は10リディア.今回は外枠寄りに入ったが,実績が乏しく割引が必要か.この馬は差し競馬が主体も,あまり距離感が離れると良くない.楽な追走が叶えばチャンスか.馬場のタフさは問わないタイプで,高速・タフ決着どちらにも対応が出来そう. 次に続くのは12ジュニアか.このレースは外寄りに入ったが,外枠において良績が残っている.この馬は成績から脚質の特徴が判断しにくいところ.馬場の重さに関しては,タフ寄りのほうが良さそう.

・浦和3R

起用 テン 指数 賞金
1 ゴールドキャスト ○[190.6]
2 ルドベキア ○[179]
3 キープファイター ○[149.6]
4 ハグラー ○[204]
5 クロイダンガン ○[166.4]
6 ガーデンブロンシュ ○[159.4]
7 ブレネンデリーベ ○[199]
8 ミラクルツッキー ○[242.2]
9 オクラクオウ ○[181]
10 ゼットフラッグ ○[198.8]
11 セイントハッシー ○[184]
12 ペイドゥレーヴ ○[169.2]
【騎手起用】 騎手起用から最も期待されるのは11セイントハッシーであり,本田紀 – 八木仁ラインはここ2年間の連対率が約27.3%である. 【テン早さ】 目立った逃げ馬はおらず,内枠および騎手から推測を推奨.【コンピ指数】 コンピ指数からの本命は8ミラクルツッキー.人気通りの走りを期待したい. 対抗には1ゴールドキャスト.上位勢が安定と見る. 【昇級までの賞金論】 昇級ギリギリの馬はおらず,賞金論からの上げ馬はなし. 昇級まで遠いものの,勝つと一発で昇級するような賞金論下げ馬はなし. 【人気上位の特徴】 人気が予想される8ミラクルツッキーは今回外寄りに入ったが,外枠において良績が残っている.この馬は逃げもしくは番手でも競馬が出来る.馬場の重さに関しては,高速寄りのほうが良さそう. そこに続く2番人気予想は1ゴールドキャスト.今回は内枠寄りに入ったが,実績が乏しく割引が必要か.この馬は先行差しタイプであり,柔軟な競馬が出来るタイプ.高速・タフ対応は成績から判断しにくい. 次に続くのは9オクラクオウか.このレースは外枠寄りに入ったが,実績が乏しく割引が必要か.この馬は成績から脚質の特徴が判断しにくいところ.馬場のタフさは問わないタイプで,高速・タフ決着どちらにも対応が出来そう.

・浦和4R

起用 テン 指数 賞金
1 ティーサムライ ○[51]
2 アザミ ○[42.6]
3 ハピリン ○[37]
4 アイビリーブ ◎[-85]
5 ラリュール ○[39]
6 フューチャフラッグ ○[30]
7 ビアンカグリーン ○[27]
8 ラベンダーパープル ○[72]
9 ヒロソーラー ○[73.9]
10 トゥンバドーラ ○[49.5]
11 オヤカタ ○[147]
12 ブラウンスビト ○[28]
【騎手起用】 騎手起用から最も期待されるのは9ヒロソーラーであり,拜原靖 – 八木仁ラインはここ2年間の連対率が約42.3%である. 【テン早さ】 逃げ馬が多く混戦もテン速さから,2アザミの逃げが予想される.【コンピ指数】 コンピ指数からの本命は1ティーサムライ.上位は混戦模様. ヒモとしては11オヤカタなど.実力差は小さい. 【昇級までの賞金論】 昇級ギリギリの上げ馬は4アイビリーブ.いずれもここで一発稼いで昇級を目指す. 昇級まで遠いものの,勝つと一発で昇級するような賞金論下げ馬はなし. 【人気上位の特徴】 人気が予想される10トゥンバドーラは今回外寄りに入ったが,外枠において良績が残っている.この馬は出走回数が少なく脚質の特徴が判断しにくいところ.馬場の重さに関しては,タフ寄りのほうが良さそう. そこに続く2番人気予想は1ティーサムライ.今回は内枠寄りに入ったが,経験が少なくやや未知数で.この馬は出走回数が少なく脚質の特徴が判断しにくいところ.高速・タフ対応は成績から判断しにくい. 次に続くのは5ラリュールか.このレースは中目の枠へ.枠による大幅な上げ下げはなさそうで.この馬は先行差しタイプであり,柔軟な競馬が出来るタイプ.馬場のタフさは問わないタイプで,高速・タフ決着どちらにも対応が出来そう.

Gバジー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする