もくじ

Chapter1

枠の有利不利,馬場状態とタフさ,基準タイムなどを数字を用いて説明しています.

Chapter2

騎手成績と得意戦法,また予想でかなり重要な騎手起用法について回収率と共に説明しています.

Chapter3

高知けいば名物の一発逆転ファイナルレースの基本的な予想方法と高回収率が見込める選抜戦の狙い方について解説しています.

Chapter4

分かりにくいクラス分けを逆手に取った昇級および降級までの賞金論について説明しています.毎週の予想のデータベースではこの賞金論を見やすくしたグラフを掲載しています.

Chapter5

ローテーションや転入初戦の成績を調教の有無から分析します.他地区からの転入馬が多いレースで役に立ちます.

Chapter6

ID地方競馬独自のタイム偏差値を用いた予想です.少々複雑ですが安定した収支が見込める買い方です.

3. レース形態の特徴

3.1. クラス分け

地方競馬の複雑さの一つに多種多様なクラス分けおよびその表記がある.高知けいばでは「A級,B級,C1,C2,C3級」の5級で構成されており,その中で組分けされる.組の数字は小さいほうが上位である(C3-1組はC3-10組より上位組である).各級には賞金の基準額があり,賞金を重ねていくごとに級や組が上がっていく.高知けいばで昇級と呼ばれるのは級が変わったときである(C2→C1,B→Aなど).降級は4月と10月にあり,直前2年間に得た賞金でクラス分けをする.例えば2歳で重賞を勝った馬がその後賞金を得ていなければ,5歳で賞金0と計算されC3に降級する.このクラス分け制度を活用した予想法については4章で述べる.

3.2. 一発逆転ファイナルレース記者選抜戦

 高知けいばにはいくつか特徴的なレースがあるが,最も有名なものは「一発逆転ファイナルレース」であろう.このレースは近走の成績が振るわない馬を記者が中心となり選抜した「記者選抜戦」となる.ある一定の条件に当てはまる馬が選ばれるが,いずれにせよ近走に勝ち星が無いことが最低条件である.そのため馬柱を見ても予想の手がかりにならないことが多い.結果として全馬弱そうだしとりあえず騎手,あるいはとりあえず逃げ馬という選択に行き着くことが多いと考えられる.本節では一発逆転ファイナルレースの特徴を踏まえながら,予想のポイントを5点示す.

・予想のポイント1:近走の着順に惑わされない

基本的に成績の悪い馬が選抜されているが,中には前走2着や3着,あるいは4走前に勝った馬もいる.この類でよく見られるパターンは,そのレースも記者選抜戦(一発逆転ファイナルレース)というパターンである.この場合,多少馬柱の見栄えが良くなり人気になるが,もちろんレースレベルは低いため価値のある成績とは言い難い.

・予想のポイント2:ファイナルレースを狙っている陣営がいる

一発逆転ファイナルレースにおいては,賞金は同じのまま相手が弱くなることから,陣営にとってはコスパの良いレースである.とはいえ自ら立候補して出走できるわけではなく,選抜されるような成績でなくてはならない.その悪い成績の最低条件として「前3走で勝利していない」という条件がある.特に他地区より転入直後は様子見がてらこの条件を満たそうとする雰囲気を感じることがある.すなわち近走の成績が振るわないのは調子が悪いのではなくて,記者選抜戦に選ばれるためと考えられる.このような場合に馬の調子を見抜くのは困難であるが,先行しながらも3コーナーあたりで無抵抗に下がっていく時や,追走は放棄しながら残り3Fのみ調教のように追い出す時などは,ファイナルレースでの一変を警戒しなければならない.

・予想のポイント3:ファイナルレースのみ真面目に走る馬がいる

これは過去の成績を見れば一目瞭然であり,普段の通過順が10-10-10-10という馬が突然先行するという現象である.高知の在籍が長い馬を中心に注意が必要である.詳しくはハタノガナール号の戦績を見ると非常に分かりやすい.

・予想のポイント4:昇級までの賞金に気を付ける

詳しくは4章で述べるが,一発逆転ファイナルレースにおいては,組を跨いで選定されているため,昇級までの賞金が馬によって大きく異なる.ある馬は勝っても昇級しないが,ある馬は2着でも昇級するという状況が通常のレースより多く見られる.元々成績の上がらない馬であり,そう易々と昇級はしたくないはずであり,入着程度を狙ってくる可能性がある.

・予想のポイント5:初めての一発逆転ファイナルレースの馬

転入した直後など初めての選抜時は人気の盲点になりがちである.また高知での好走歴は当然ながら無いため,得意条件を見抜かれにくい.騎手起用法とあわせて積極的に狙う価値がある.
以上5つのポイントを列挙したが,いずれも人間の思惑が大きなウエイトを占めていることがお分かりだろう.後はその日の馬場の具合で,内外や脚質を注意すると予想はより容易になる.しかし馬場を予想に取り入れるのであれば展開予想をする必要があり,展開予想のためには陣営のやる気を察しなければならない.上記ポイントは通常の予想と併せて考えることが重要である.(なお記者選抜戦自体はファイナルレース以外にも行われている.三連単の控除率が良いのは一発逆転ファイナルレースである) さてここからは一発逆転ファイナルレースの各種データを示す.一般的なファクターに加えやや手間のかかったデータも含まれている.しっかり目を通してほしい.色つきは目立った成績を強調したが,単回収率はレースの性質上大きく上にブレることから参考程度に捉えて欲しい.

馬番

年齢

騎手

調教師

前走からの間隔

調教タイム

3.3. 選抜戦

 他の特徴的なレースとしては選抜戦がある.これは近走成績が良い馬が集まったレースであり,各級の上位組として設定される.賞金はその級の一般戦と比較して20%程度高い.成績が良い馬が集まっているため,前走はほとんど先行している馬であり馬柱からの展開予想は困難であり,前走の内容を評価する必要がある.一見勢いのある人気馬が過剰に評価され,地味な実力馬が評価されにくいレースである.本節では前節のように選抜戦ならではの予想のポイントを解説する.

・ポイント1: なぜか選抜されてしまった馬を消す

最近は減少傾向だがファイナルレースや2走目戦を勝った馬が選抜されることがある.相手は大幅強化であり勝負気配はなく予想から消す.

・ポイント2: 最近の選抜戦の結果を見る

選抜戦は5着以内になると次回また選抜されることが多い.したがって選抜戦では無理をせず,一般戦で頑張るために選抜戦は流すという繰返しの馬も存在する.これは特に下位級において見られる傾向である.一例としてFig. 3-1にキャノンプレート号の成績を示す.緑の塗りつぶしが選抜戦である.一般戦で勝ち,選抜戦で掲示板を外し,C3-2組でまた稼ぎ,昇級直前まで稼いだ所で選抜戦でも走る,と実に効率よく賞金を稼いでいるように見られる.
Fig. 3-1. キャノンプレート号の成績

・ポイント3: 昇級までの賞金を意識する

ポイント1,2でも触れたが選抜戦に出てくる馬は上位組であり,勝ったら昇級する馬が多い.ただしその中にも「勝ったら昇級する」馬もいれば「3着でも昇級する」馬もいる.そのため昇級までの賞金は常に意識する必要がある.最も効率が良いのは「あと一円でも稼いだら昇級する」場面で1着になることであるが,選抜戦と一つ上の級の下位組のどちらが強いかは考え物である.賞金論的に最も注意しなければならないのは,連戦連勝の馬で「2着なら昇級しない」という状態である.

・ポイント4: 選抜戦の次走を狙う

ポイント2に示した通り,選抜戦で大きく着順を落とす馬は少なくない.この結果次のレースの馬柱が汚れるため人気がやや落ちることがある.そのような馬が一般戦に出てくればチャンスである.
 予想のポイントとしては以上の4点であるが,賞金論を除けば基本的な注意事項であるため,この通りに購入しても利益は見込めない・選抜戦は馬柱がきれいですべての馬が強そうに見えるが,戦ってきた相手はいずれも異なるという点が一般戦と違う部分である.すなわち本当に強い1着なのか,それとも相手が弱かった1着なのかを見抜くことが重要である.これを見抜くことができればかなりの回収率となるが,この説明については別な章に譲る.

3.4. レースの波乱度の予測

「地方競馬って払い戻し低すぎて辛い」という言葉をよく目にする.控除率を考えたら中央と比べて大きく損をしている訳ではないが,実力が大きく離れた組み合わせのレースや,似たようなメンバーで走ることが多いという性質上,確かに安めの配当が目立つ.一方荒れるレースの代名詞として多くのファンに浸透した「一発逆転ファイナルレース」はナイター競馬で競合が少なく,1日の最後のレースとして注目を集めています.とはいえ分かりやすく荒れるレースは,誰もが穴目を狙いに行くため想定よりオッズが低いこともある.儲けるためには気づかれていない荒れるレース,あるいはその反対のレースを見分ける必要がある.高知けいばはオフィシャルサイトからリンクされているレース展望でレースの波乱度を示唆している.この展望は専門誌記者が持ち回りで短評とレース展開を入力しており,予想の重要な参考となるコメントが見られることがある.ID地方競馬では以前「高知競馬公式サイトの予想はアテになるのか…?」という記事を公開している.記事内において,展望と実際の配当の関係を示しており,これらの展望は非常に信頼感があり,「ほぼ順当」と「波乱含み」で単配当に3.5倍の差があることを確認した.穴を狙う前に一度レース展望のページを確認するとよい.
pagetop